抜け毛は予防できるか

抜け毛は予防できるか

.

抜け毛で悩む人が増えている!?

ストレス

男性・女性、そして年齢にかかわらず、最近は「抜け毛が気になる人」が増えてきているようです。抜け毛と言えば、中年男性だけの悩みという感じがしていましたが、今では若い人や女性でも、抜け毛に悩み日々生活している人がいるのです。ここで「どうして抜け毛で悩む人が増えてきたのだろう?」という疑問がでてきます。


これは、日本の社会全体が変化してきたことが、原因と考えられます。冷房器具、パソコンやゲームなどの普及などにより、自律神経のバランスが崩れてしまったり、職場や学校や家庭が、過度なストレスを作り出す場へと変化してきたこと、パーマ・ヘアカラー・整髪料などの頭皮へのダメージの増大などが、抜け毛で悩む人を増やしてしまったのです。


ページのトップへ ▲

予防できる!抜け毛

マッサージ

抜け毛で悩む人が増えてしまったと言っても、その理由や原因がちゃんと存在しているものは、予防ができます。それは病気でも日常的な問題でも同じことでしょう。髪の毛というものは、男女ともに大切なものです。そのため、常日頃から予防策を考えなければいけません。予防と言っても、大それたものではなく、ビタミンやたんぱく質の含まれる食材を意識して選んでみたり、適当にシャンプーをすませるのではなくマッサージするように洗ってみたり、休日はワックスなどの整髪料を使わずに頭皮も休ませてあげるなど、日常のちょっとしたことに気をかけてあげることが、大きな予防になります。そして、「抜け毛、抜け毛」とあまり深刻にならないことが大切です。


ページのトップへ ▲

予防できない?抜け毛

遺伝

同じ「抜け毛」でも、予防ができないイメージのある抜け毛があります。遺伝による抜け毛です。よく「ハゲは遺伝する」と言います。実際に、両親の遺伝子が関係して、その子供も将来ハゲになるケースは多く挙げられています。どんな確率で遺伝するのかという詳しいことは、遺伝子の難しい話になってしまうので割愛しますが、親が持っている遺伝子の組み合わせにより、子供へのハゲの出現率が100%となったり半分の50%になったりします。


しかし、ここで気をつけてもらいたいのは、親から遺伝する内容は「ハゲになる」というものではなく、「ハゲになりやすい」というものなのです。そのため、100%の遺伝であっても、生活習慣や体質、気質を見直すことで予防できる場合もあります。しかし、世の中には「遺伝は予防できない」と書かれている書籍も多く売られています。実際どうなのかという考えがあやふやになっており、「予防できる!」「予防できない!」を断言することは難しいのです。そのため、遺伝だからと言って抜け毛を諦めるか、努力をして抜け毛を予防するか、どちらがいいかはあなた自身の判断です。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 抜け毛の原因 | 抜け毛の予防 | 薄毛の予防 | 抜け毛の対策 | 抜け毛の本数チェック | 毛根の種類 | 秋の抜け毛 |
抜け毛は女性にも忍び寄る | 女性の抜け毛予防 | 産後の抜け毛予防 | シャンプーと抜け毛 | 抜け毛予防シャンプー |
| 亜鉛と抜け毛 | 抜け毛症 | 抜け毛癖 | 治療方法 | 抜け毛の病院 | 赤ちゃん・子供の抜け毛 | 犬の抜け毛 | 猫の抜け毛 | にきび治療 | 乾燥肌 | アレルギー病気 | 毛穴ケア | ホワイトニング |

Copyright © 2006 抜け毛予防のすべて. All rights reserved