猫の抜け毛

猫の抜け毛

.

猫のための抜け毛対策

猫

猫も体温調節のために春や秋には大量に毛が抜け変わります。猫の場合は、ほとんどが室内で飼うことが多いため、どんなに猫が可愛らしくても抜け毛の問題で頭を抱えてしまう飼い主は多いようです。猫にとってもこの時期は辛いもので、抜け変わりの時期に猫が毛繕いをすると、一緒に毛を食べてしまうことがあります。体内に抜け毛が溜まっていくと猫の健康上によくありません。そのためにも、抜け毛対策は重要です。猫の抜け毛も犬と同様に基本対策はブラッシングになります。抜け毛を除去する目的だけでなく、こまめにブラッシングをすることで、猫の毛並みにも艶が出て、とても清潔感溢れる美しい外観になります。毛が長い猫の場合には、抜け毛が気になる時期だけは短く切り揃えてしまうという対策もできます。毛を短くすることで、ブラッシングも多少楽になりますし、猫に与える負担も少なくてすみます。


ページのトップへ ▲

飼い主のための猫の抜け毛対策

掃除機

猫の抜け毛というものは、抱っこしただけでも簡単に洋服につきますし、部屋の中を自由気ままに動く猫は、部屋中にその抜け毛を巻き散らかしてしまいます。ありとあらゆるところに猫の抜け毛が落ちていたり付着していたりしたら、それはちょっとしたストレスです。家の主である人が、ストレスを感じながら生活し、飼われている猫の方が悠々と生活している、なんてことにならないように、自分のためにもしっかりと抜け毛対策を考えましょう。


抜け毛だらけの生活にならないためには、付着しやすいものを出しっぱなしにしておかないことが一番だと思います。洋服はもちろんのこと、カーペットやじゅうたんも極力使用しない方がいいと思います。カーペットなどは、どんなに頑張って抜け毛を取り除いたつもりでも、目に見えにくいだけで取りきれていない場合も多々あるからです。フローリングなら、抜け毛があればすぐに気付くことができます。また、ガムテープなどで苦労して抜け毛を取らなくても、掃除機で簡単に掃除することができます。掃除機をかけた後は、雑巾で水拭きすれば完璧です。洗濯物を取り込むときも、掃除をしてから取り込むことで、洗ったばかりの衣類に抜け毛が付くことを防げます。


ページのトップへ ▲

猫の抜け毛と病気

医者

猫や犬のように大量に毛が抜け変わる動物は、その抜け毛を毛繕いなどを通して、気づかないうちに体内に取り込んでしまいます。飲み込んでしまった抜け毛は、腸内で溜まってしまい便秘や嘔吐の症状を起こします。これは一般的に抜け毛が腸内で玉のように溜まってしまうため「毛玉症」と呼ばれています。飼っている猫の状態が思わしくないときには、一度獣医にかかるなどして、毛玉を体外に排出させることが必要です。市販で専用の薬なども売っていますので、それらを利用してもいいでしょう。いずれにしても、抜け毛が原因で大切な猫が苦しい思いをしないようにするためにも、日々のお手入れはマメにするようにしましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 抜け毛の原因 | 抜け毛の予防 | 薄毛の予防 | 抜け毛の対策 | 抜け毛の本数チェック | 毛根の種類 | 秋の抜け毛 |
抜け毛は女性にも忍び寄る | 女性の抜け毛予防 | 産後の抜け毛予防 | シャンプーと抜け毛 | 抜け毛予防シャンプー |
| 亜鉛と抜け毛 | 抜け毛症 | 抜け毛癖 | 治療方法 | 抜け毛の病院 | 赤ちゃん・子供の抜け毛 | 犬の抜け毛 | 猫の抜け毛 | にきび治療 | 乾燥肌 | アレルギー病気 | 毛穴ケア | ホワイトニング |

Copyright © 2006 抜け毛予防のすべて. All rights reserved