赤ちゃんと子供の抜け毛

赤ちゃんと子供の抜け毛

.

子供の抜け毛はSOSサイン!?

親子

子供の抜け毛が気になったら、それは子供のSOSサインである場合がほとんどです。大人でも見られる円形脱毛症、抜け毛症は、小さな子供から思春期真っ只中の子供まで、幅広く見られる症状です。子供の円形脱毛症、抜け毛症は、最近では珍しくもないものです。


これは、精神的なストレスから引き起こされる抜け毛で、子供の場合はその原因が親にあることがほとんどであると考えられているようです。子供といえば、学校などでの人間関係、いじめが主な原因ではないかと思われますが、その根底には親との関係が重要視されています。親の過度な期待や甘やかし、虐待や親同士の不仲、愛情の欠如など、そのような親の態度や言動により、子供は精神的に追いつめられ情緒不安定な状態に陥ってしまうのです。その危険状態のサインとして発されるのが抜け毛なのです。


ページのトップへ ▲

抜け毛とは違う抜け毛症の可能性

子供

子供の抜け毛を考えるとき、その抜け毛が本当に抜け毛なのかどうか、よくよく見極める必要があります。なぜかというと、中には自分で自分の髪の毛を抜いてしまう子供がいるからです。このような症状を抜け毛症といい、原因は上記と同様で精神的なものが引き金となっています。そして、子供にその事実を確認しようとしても、子供は本当のことを話さない場合がほとんどです。子供の場合、抜け毛は重要なサインであることを言いましたが、自分の髪の毛を自分で抜いてしまうという行動を起こしてしまっている子供は、それ以上に注意が必要です。病院に連れて行く、親子関係を見直してみるなどの対策をとらずにそのまま放置しておくと、成人してからうつ病や神経症、解離性障害などの精神疾患を引き起こす可能性が高くなってしまいます。


ページのトップへ ▲

赤ちゃんなのに抜け毛!?

赤ちゃん

子育てを経験したことがない人、初めての子育てをしている人は「赤ちゃんで抜け毛!?」と驚く人もいるかと思いますが、赤ちゃんの抜け毛は特に心配する必要はありません。悪い病気かもしれないという不安が出てくるかもしれませんが、赤ちゃんは病気になると、ぐったりした状態になるか、激しく泣き出すため「いつもと違うな」とすぐに感じることができます。そのため、赤ちゃんの状態がいつも通りで機嫌がよさそうなら、抜け毛も問題ではありません。赤ちゃんというのは、ほとんど寝て一日中を過ごします。赤ちゃんの後頭部が布団などに当たっている時間が長いため、その部分がこすれて部分的に抜け毛となってしまうのです。また、赤ちゃんの髪の毛は1歳くらいまでの間に生え変わりますので、抜け毛は自然なことです。何か他に気になる点があるのなら話は別ですが、そうでなければ、あまり神経質になることはありません。大切な赤ちゃんの髪の毛ですから、その抜け毛で「誕生記念の筆が作れないかな」などと、子育ての合間にちょっと計画してみてはいかがでしょう。赤ちゃんが成人したとき、ステキな思い出になるのではないでしょうか。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 抜け毛の原因 | 抜け毛の予防 | 薄毛の予防 | 抜け毛の対策 | 抜け毛の本数チェック | 毛根の種類 | 秋の抜け毛 |
抜け毛は女性にも忍び寄る | 女性の抜け毛予防 | 産後の抜け毛予防 | シャンプーと抜け毛 | 抜け毛予防シャンプー |
| 亜鉛と抜け毛 | 抜け毛症 | 抜け毛癖 | 治療方法 | 抜け毛の病院 | 赤ちゃん・子供の抜け毛 | 犬の抜け毛 | 猫の抜け毛 | にきび治療 | 乾燥肌 | アレルギー病気 | 毛穴ケア | ホワイトニング |

Copyright © 2006 抜け毛予防のすべて. All rights reserved